日本の金属の歴史


江戸時代

鉄鋳物の生産については、原料の鉄を生産する たたら吹き製鉄技術の進歩が欠かすことが出来ません。
江戸時代はこのたたら製鉄の完成期といわれています。たたら製鉄の発展は如何に高温を得るかの技術にかかっており、そのためには送風技術の発達が重要となります。江戸時代中期に「天秤ふいご」が出現したことがその転機となっています。
当時の鉄産地としては但馬、因幡、出雲、備中、備後、日向及び仙台などがあげられています。
又、鋳造業の栄えた地域としては、

盛岡、水沢、仙台、山形、新潟、佐野、高崎、川口、 甲府、上田、松本、高岡、金沢、福井、
小浜、岐阜、 豊川、岡崎、西尾、碧南、名古屋、桑名、彦根、 京都、三原、広島、高松、
高知、柳井、佐賀、

などが上げられます。
幕末になると黒船到来など諸外国などの脅威を受け、国防のため大砲の鋳造や軍艦の建造などが必要となります。
大砲の鋳造ではこれまでの溶解炉「こしき炉」では能力不足であり、大型の反射炉が各藩で争って築造されました。最初に作ったのは佐賀藩で、続いて薩摩、水戸、江戸などで築造されました。当初は原料となる銑鉄の品質が悪く強度のある砲身を作ることは出来ませんでした。高品質な銑鉄を作るために高炉法の必要性を痛感した南部藩出身の大島高任(たかとう)は鉄鉱石を産出する釜石(南部藩)での高炉建設に取り組みました。欧米では既にコークスや蒸気機関を用いた近代的な高炉が出現していましたが、当時の日本の技術では実現が難しい状況でした。そこで大島は古来から伝わる製鉄法「たたら法」の技術をミックスし、コークスの代わりに木炭を、蒸気機関の代わりに水車を使うなどして独自の「大橋1号高炉」を安政4(1857)年に完成させ、12月1日に初めて火入れと銑鉄の取り出しを行いました。(※日本鉄鋼連盟はこの日を「鉄の記念日」に制定しています。)
軍艦の建造には機械部品としての鋳物の製造技術が外国から導入されることになり、コークスを原料とする洋式のキュポラが持ち込まれ、蒸気動力による送風機を使った近代的な鋳物工場が誕生することになります。

韮山反射炉
韮山反射炉

佐賀県築地反射炉
佐賀県築地反射炉

たたらの構造
たたら

天秤ふいご
天秤ふいご

こしき炉
こしき炉