金属の加工方法


鍛造

人類が最初に用いた最も古い加工方法が鍛造です。即ち、最初に金を発見したときに、この金をたたき延ばし装飾品などを作りました。鍛造の目的は希望の寸法、形状を歩留り良く成形することと、材質を向上することにあります。鍛造方法としては、大きく分けて型鍛造と自由鍛造があり、型鍛造は金型に加工金属を押しつけ、プレス、又はハンマーなどで金型通りの形状に加工する方法です。 この方法での材料は、圧延材が主に使用され、金型などの制約から小型の量産品の製造に向いています。加工金属は熱間、温間、更に冷間で鍛造されますが、温度が低いほど加工精度は良くなります。 又、金型を使用する関係から、加工形状には金型から抜くことが出来る簡単な形状に制約されます。 自由鍛造は金型などの制約がなく、大型製品、更に特殊製品が主な対象となります。 素材は鋼塊などの鋳造材を用いますが、熱間鍛造による鍛錬で鋳造時の欠陥を消失させるなど、材質を改善する働きもあります。

 

自由鍛造の基本的作業としては、

1、鍛伸鍛造 ・・長さ方向に延ばす。

2、展伸鍛造 ・・一方向より圧縮方向へ延ばす。

3、据込み鍛造・・厚みの方向に延ばす。

4、中空鍛造 ・・孔を開けた材料に芯金をとうし、回転しつつ鍛造。

これらに穿孔、背切、ねじり、切断などを組み合わせて鍛造します。

クランクシャフトの鋳造工程
クランクシャフトの鋳造工程
型鋳造の工程
型鋳造の工程