金属の加工方法


溶接

溶接とは板、棒、アングルなどの金属材料を突き合わせ、溶接棒を電気的なアーク、及びガス加熱などで溶融させて接合し、目的の形状のものを造る加工方法です。
主に、ビルの鉄骨構造、橋、船の船体などに使用されますが、機械部品などにも使用されています。
しかし、溶接工法は角張った直線を組み合わせたような形状となるため、曲面を持った構造物は溶接だけでは造れないといった弱点があります。
この弱点を補うため、鋳造品(鋳鋼品)と溶接を組み合わせ、それぞれの長所を生かす加工方法に関心を寄せられているようです。
又、自動車の車体のようにプレスで成形した部品を点溶接で一体化するなど、他の加工方法と組み合わせる必要があります。