金属の加工方法


3Dプリンター

3Dプリンターは、最近注目され、「産業革命を起こす可能性を秘めている」とまで言われるようになりました。
3次元CADデーターをもとに、液状の光硬化性樹脂、熱可塑性樹脂、プラスチック粉末、
金属粉末、石膏粉末、砂等を用い、レーザビーム、電子ビーム、溶融押出しインクジェット等で一層ずつ積層することにより、成形用の型や切削工具を用いずに3次元立体モデルなどを作成する装置を、最近では総称して3Dプリンターと言います。
3Dプリンターは方式により下記のように細分化されています。

  1. 液状感光性樹脂をレーザビームやランプで硬化させて立体形状とする方法を光造形法(SLA)
  2. ナイロンなどのプラスチック粉末や金属粉末を炭酸ガスレーザやファイバーレーザの熱モードで溶融して三次元に積層する方法を粉末焼結積層法(SLS)
  3. ABSなどの熱可塑性樹脂ワイヤーを溶融して、細いヘッドより押出して積層する方法を溶融樹脂積層法(FDM)
  4. デンプン粉末や石膏粉末に水などのバインダー剤をインクジェットヘッドから吹きつけ固化させて三次元モデルを作成するZ-Printer方式や、光硬化性樹脂をヘッドから吐出しながらランプで硬化・積層するObjet方式などのインクジエット法
  5. その他、Fe,Ni金属粉末等を炭酸ガスレーザなどで直接溶融固化させて形状を作成するLENS法、紙をナイフやレーザで切断し、のりで接着しながら積層するシート積層法(LOMなど)等々があります。