鋳造方法


鋳物の生産においては金属地金の溶解や溶湯処理の他に、溶湯を流し込む鋳型が必要となります。この鋳型には沢山の種類がありますが、銑鉄鋳物生産に使用される主な種類を紹介します。

遠心鋳造法

遠心鋳造法は、回転する円筒形容器に溶湯を注入したとき、溶湯に作用する遠心力によって円筒形容器の内壁に押しつけられ、パイプ状の鋳物が形成されることを利用したものです。
方式としては、水平状の横型と縦型があり、横型では鉄管のように長い製品に適用され、縦型では長さ方向の短い製品に適用されています。
遠心鋳造の特長としては

  1. 中子を用いずパイプ状の鋳物が生産できることに最大の特長があります。
  2. パイプ状の鋳物では湯口や押湯を必要とせず、歩留りが大きく向上することにあります。
  3. 遠心力の働きにくい不純物は内面に分離押し出され、外面は緻密、健全な鋳物となります。

欠点としては

  1. 合金の種類によっては遠心力で偏析が促進されることがあります。
  2. 厚肉品では各種の技術的困難さを伴うことがあります。

 

横型遠心鋳造法

横型遠心鋳造法

縦型遠心鋳造法
縦型遠心鋳造法