企業理念イメージ

会社の沿革

昭和28年、尼崎製鉄株式会社(現、株式会社神戸製鋼所)が再火入れを行うに際し、当社創業者、福田博二が当時尼崎製鉄株式会社の社長(創立者)であった井上長太夫氏と従兄弟の関係であったことから、同氏の指示により、製鉄所構内で発生する、鍋付銑・樋銑の破砕及び販売と高炉用原料としての小流、ジャミ銑の納入を開始、その後、銑鉄鋼材を手がけ現在に至っています。

1953年(昭和28年) (個)福田商店を福田博二が開店
1955年(昭和30年) 福田商店を株式組織とし、株式会社福田博商店を設立
本社所在地: 尼崎市大浜町2丁目23番地
1956年(昭和31年) 第1回定時株主総会
1959年(昭和34年) 本社を尼崎市大浜町1丁目9番地に移転
1969年(昭和44年) 本社を尼崎市元浜町5丁目10番の2に移転
1973年(昭和48年) 創設者 福田博二 死亡により
津田太一郎 社長に就任
1977年(昭和52年) 福田 勝 社長に就任
1983年(昭和58年) 電気炉用鋳鉄材料の研究開発を神戸製鋼所と共同で進める。順次、SM銑(低マンガン・低硫黄)、SP銑(低マンガン・低硫黄・低燐)を開発・販売
1987年(昭和62年) 尼崎製鉄所の高炉操業停止
1992年(平成04年) 地球環境や省エネ及び鋳鉄の品質向上に有効な材料でC、Siの含有量を融点が最も低い共晶点に合わせたEP銑(融点1150℃)を開発、販売を開始。商品名をキャスタロイと命名
1996年(平成08年) 銑鉄の防錆特許の認定を受ける
(1990年 神戸製鋼所と共同出願)
1998年(平成10年) 高純度シリコンの取り扱いを開始
1999年(平成11年) カプラー、KNスリーブを開発し販売を開始
2002年(平成14年)
経営革新計画の認定を受ける
2003年(平成15年) 現住所に本社、大浜倉庫、銑鉄ヤードが完成
現住所に本社を移転
2004年(平成16年) キャスタロイ(EP銑)の特許の認定を受ける
(1994年 神戸製鋼所と共同出願)
2006年(平成18年) 大浜第2倉庫竣工
2007年(平成19年) 福田 勝 会長に就任
福田 孝 社長に就任
2012年(平成24年) グローバル技術連携支援事業の認定を受ける