オリジナル鋳物の作り方

フルモールド法で溶鉱炉の模型を造ってみました。(高さ140mm,幅140mm)皆さんも好みの鋳物を造ってみませんか。

  1. 材料の準備
    @市販の発砲スチロール
    (小さい模型では柔らかいものでよい)
    A発砲スチロール用接着剤
    B塗型(黒鉛粉でよい)
    C乾燥した砂(7号珪砂)
    D一斗缶(必要な深さに切る)
    Eカッターナイフ・サンドペーパー
  2. 作り方の手順
    @発砲スチロールの粗削り
    カッターナイフを使って、各パーツ別に発砲スチロールを切断加工します。
    Aサンドペーパーによるパーツの仕上げ
    粗削りのパーツをサンドペーパーで研磨仕上げします。
    Bパーツの組み立て
    仕上げた各パーツを接着剤を使って組立てます。
    溶湯を流し込む湯道、 堰は一番下の土台の部分に取り付けます。更に、各パーツの継ぎ目には発砲スチロールの粉を塗り込み、継ぎ目が判らないようにします。
    C塗型の塗り付け
    黒鉛粉を水、又はアルコールに溶かし、筆で組立てたスチロール模型の表面に塗 布し、乾燥させます。
    (溶湯を流込む湯道の最上面には塗布しません。)
    Dスチロール模型を砂に埋込む
    ・一斗缶に乾燥した砂を5〜10cm程度入れ一斗缶の外を静かに叩いて砂を絞め硬め、更に、その表面を平らにします。
    ・その上にスチロール模型を置きます。
    ・模型が半分ほど隠れる程度に砂を入れ、一斗缶の外を叩いて砂を絞め硬めます。
    この時、模型が歪んでいないことを確認 します。
    ・模型の上段まで缶の外を叩きながら砂を充填し絞め固めます。(溶湯を流し込む湯口の最上面は砂から出しておきます。)これで模型の準備は完了です。
    E溶湯の流込み
    溶湯を湯口から注入します。
    冷却後、砂から取り出し、砂、堰、湯道などを除去し、塗装して完成です。この例では共晶成分の銑鉄鋳物 に湯流れ性を考慮し、燐を0.3%程度添加調整しています。
 
スチロールによるパーツの作成
スチロールによるパーツの作成
 
組立後のスチロール模型
組立後のスチロール模型
 
完成した溶鉱炉模型鋳物
完成した溶鉱炉模型鋳物

↑戻る

c2006 FUKUDA All Rights Reserved